カクテルをもっと斬新に!野菜を使ったガーニッシュいろいろ

カクテルのビジュアルの美しさは、トレンド感を引き上げ、お客様に新しい発見をしてもらえるチャンス。インターネットの世界でも、SNS映えやフォトジェニックという言葉が流行り、全てのコンテンツがシェアやいいねをされるためのものとなっているように感じます。あなたの創造したカクテルが素敵に飾られていたら、お客様もきっと、シェアしたい!この体験を共有したい!と思ってくれるはず。

モナンのカクテルをデザインし続けてくれている、カクテルデコレーションの先駆者的存在であるJoseph Trottaのアレンジを見たら、インスピレーションがわくかもしれません。

フルーツやハーブを使う代わりに、野菜を使ってみるのはどう?今回はドリンクに野菜でガーニッシュをする方法を見てみましょう。

モナンのビーツ・フルーツミックスを使って、Josephは繊細なアレンジをしています。

カクテルアイデアのヒント:

ビーツネグローニ

レモンの皮をスパイラル状にするため、シトラスゼスターで皮をむき、それを木のチューブ(だいたい直径1.5cm、長さ8cm)に巻きつけます。その状態のまま乾燥させ、乾いたらグラスに飾り付けましょう。ビーツの葉っぱやハーブも一緒に。(乾燥機を使う場合は、50分乾燥させます)

 

モクテルアイデアのヒント: 

ビーツアガベモクテル

このモクテルを飾り付けるため、Joseph2種類のビーツ(黄色いビーツとキオッジャビーツ)をギザギザにカットしてそれを組み合わせ、直径3.5cmのビスケット柄で丸くくりぬいて使いました。グラスの縁にさして。

 

ラズベリービーツスムージー

まずはじめに、3mm厚にスライスしたりんごを正方形にカットします。その中に3つの小さい正方形を同じサイズでくり抜いておきます。

正方形の部分と同じ大きさに切ったキオッジャビーツ、黄色いビーツ、ライムの3種類を、3つ開けた窓のようなスペースに入れてカラフルに仕上げました。

 

Photos and design by Joseph Trotta