ほろよいがちょうどいい!低アルコールのカクテルが人気

mocktails easy recipesmocktails easy recipes

ローアルコールカクテルのブームは世界規模

お酒の席で成功する秘訣はパンチの利いたアルコール度数の高いお酒ではなく、アルコール度数が低く香り高いお酒を選ぶこと。

考えてみてください:もしあなたが1日中お酒を飲むことになったとしたら、あなたは自分でペース配分を考える必要があります。低アルコールとカクテルという言葉はなかなかバランスが取りづらいですが、低アルコール=アルコール度数が低いもの(Low-ABVAlchol by Volume)といえば、バーに行ったときも軽めのお酒という選択肢としてさまざまな機会に取り入れられるでしょう。ディナーの前のスプリッツァー、暑くてジメジメした日のジントニックなど。

どんなお酒を使えばいい?

スピリッツの代わりには軽めのアルコール、リキュールやベルモット、ポートワイン、シェリー酒、またはスパークリングワインがよいオプションです。よく晴れた非常に暑い日には、あまりアルコール度数の高いものを飲まない方がいいですから。

モナン商品を使ったドリンクのヒント

ヨーロッパで活躍するビバレッジイノベーションマネジャーMartin Schlambergerはこのように言います。「シロップやフルーツミックスなど、モナンの幅広いラインナップがあればいろいろな創造ができる。利点を付け加えるなら、モナン商品の甘みはおいしさを引き出してくれるということ。モナン商品はライトなカクテルを作るのに必要なすべてがそろっているよ。」