会社概要

インターナショナル企業

、140カ国に140フレーバー以上の商品をお届するモナンは、100年に渡る経験によりグルメフレーバービジネスの一選択肢となりました。

100年前、私の祖父が現在の会社を創立し、今も家族経営企業として営業しています。長年にわたり、モナンは世界的に事業を展開し、現在モナンブランドは、140以上の国々で販売され、フランス国外での販売割合は75%にも及びます。弊社には現在、アメリカに1カ所、ヨーロッパに2カ所、アジア地域ではマレーシアに1カ所と計4つの工場があります。現在、モナンは、お客様と非常に親密な関係を気付くことに成功し、顧客の様々なニーズに応えることができるようになりました。                                                         オリヴィエ・モナン

プレミアムクオリティー&イノベーション

1912年に、ジョルジュ・モナンという名の19歳の企業家が、「品質への情熱」というスローガンを胸に、ワインとスピリッツの販売を開始しました。その少年が立てたスローガンは、今でも大切に守られています。

「品質」は、モナンにとって現在でも最も重要なキーワードの一つで、モナンでは、全てのボトルに製造ナンバーが印字され、使用した材料や製造責任者まで追跡することができます。絶えず先のトレンドを見通し、新しいフレーバーやアプリケーションを開発し、ドリンクソリューションのプロバイダーとして可能性を探し続けています。

クリエーティブフレーバーソリューション

カクテルやスペシャルティーコーヒーのエキスパートである、15人のベバレッジ・イノベーション・ダイレクター(BID)が、世界中にいます。

各国のBIDが、それぞれのお客様からの依頼に副ったドリンクやメニューを開発し、冬のジンジャーブレッドラテや夏のリフレッシュドリンク モヒートのように、シーズナルメニューのアドバイスをいたします。

情熱と創造性

モナンは、コーヒーショップのバリスタから、シンプルなカクテルを作るオペレーター、ハイクラスなカクテルを作るミクソロジストまで、ドリンク創作をする全ての人にとってなくてはならないブランドです。

取扱商品は140種類以上あり、プレミアムシロップ、リキュール、グルメソース、フルーツミックス、そしてフラッペパウダーのカテゴリーに分かれています。皆様に色々な可能性を提供することが私たちの目標です。

モナンの歴史